MRIの撮像パラメータについて簡単にまとめる

MRIの撮像パラメータについてメモしていきます。

MRI装置を使用する時、撮像パラメータは日本語で表記されることは稀だと思います。(1台しか触ったことがないが…)

従って、パラメータは、英語表記、英略にしました。

例えば、エコータイムは、通常TRと略されます。

MRIで撮像するパラメータの設定

MRIで撮像するとき、パラメータの設定をします。

例えば、下のような設定をします。

項目 設定
撮像パルスシーケンス GRE型EPI法
TE 45[msec]
TR 6000[msec]
matrix 96×96
slice thickness 5[mm]
スライス数 24[枚]
FA 90°
FOV 240[mm]

MRIの簡単な原理

MRIの撮像をものすごく簡単に説明します。

  1. 水素原子(詳しくプロトン)にエネルギーを与えると励起する
  2. 信号を収集する
  3. 1.と2.を繰り返して得られた信号をフーリエ変換して画像化する

撮像設定のパラメータについて

撮像設定のパラメータについて各種、簡単に説明します。

TE[msec] : echo time

TEは、エコータイムです。

励起してから信号を収集するまでの時間を示します。
単位は、[msec]です。

TR[msec] : repetition time

TRは、繰り返し時間です。

励起してから次の励起までの時間を示します。

単位は、[msec]です。

FA : flip angle

グラディエントエコーを使用した時に設定するパラメータです。

励起する角度を示します。

slice thickness

slice thicknessは、スライス厚のことです。

どのくらいの厚さで、輪切りにしていくかを表します。

割断する厚さの単位は、[mm]です。

FOV : field of view

FOVは、有効視野です。

断層像の撮影範囲を表します。

単位は、[mm×mm]です。

matrix

matrixは、マトリクス数のことです。

画像の配列数[pixel × pixel]を表します。

画素数に対応します。

slice gap

slice gapは、日本語でもスライスギャップです。

隣り合う割断面との間隙を表しています。

slice plane

slice planeは、撮像断面のことです。

撮像断面の方向を表します。

NEX

NEXは、加算回数のことです。

画像の測定回数を表します。

参考書

おすすめ