macのターミナルでC++をコンパイル&実行する方法

macのターミナルでC++をコンパイルと実行方法

macのターミナルでC++をコンパイルと実行する方法を紹介します。

C++をコンパイルするには、コマンドg++を使います。

Cの場合は、gccです。

準備

あらかじめ、カレントディレクトリを.cppファイルの場所に変更しておいてください。

sampleというフォルダーを作り、このフォルダ内にmain.cppを作ります。

cdでディレクトリを変更します。

cd /Users/sample

一応、実行するファイルを書いておきます。

//main.cpp

#include <iostream>
#include <fstream>

using namespace std;

int main() {
  
  ofstream outputfile("ファイル名.txt");
  outputfile << "ファイル出力成功!!" << endl;
  outputfile.close();

  cout << "Success!!" << endl;
  
  return 0;
}

コンパイル

C++では、g++でコンパイルをします。

-o 実行ファイルの名前 コンパイルするファイル

の順に入力します。

g++ -o main main.cpp

-oで実行ファイルの名前を指定しない場合は、main.outというファイルが作成されます。

実行

./main

これで実行すると、ターミナルで”ファイル出力成功!!”と出力され、”ファイル名.txt”というファイルが作成されます。