Visual StudioでOpenCVを使う方法

Visual Studioでダウンロードしたライブラリを使用する

Visual StudioでOpenCVを使う方法を紹介します。

実行環境

Windows 10

Visual Studio 2015

OpenCVをダウンロード

exeファイルからダウンロードする方法とソースコードを直接ダウンロードする方法を紹介します。

exeファイルからダウンロード

https://github.com/opencv/opencv/releases
からexeファイルをダウンロードする
今回は、opencv-3.4.3-vc14_vc15.exeをダウンロードします。

このプログラムを実行すると、指定したディレクトリにopencvがダウンロードされます。
ディレクトリは、C:\opencvになります。

直接ソースコードをダウンロード

ソースコードをダウンロードだけでも大丈夫です。
任意の場所にダウンロードしてください。
今回は、3.4.3.zipをc直下にダウンロードします。
ディレクトリは、C:\opencvとします。

ここでOpenCVを置いた場所は、しっかり覚えて置いてください。

どっかにメモしておくと良いでしょう。

環境変数の設定

OpenCVをダウンロードし終わったら、環境変数を設定します。

コントロールパネル-
–>
システム
–>
システムの詳細設定

から環境変数をクリック

システム環境変数のPathを選択して、編集をクリックします。

新規から、C:\opencv\build\x64\vc14\binを追加します。

Visual Studioの設定

次に、Visual Stadioで、新規プロジェクトを作成します。

プロジェクトから、プロパティを開きます。

インクルードディレクトリの追加

C/C++の全般の追加のインクルードディレクトリ

C:\opencv\build\include

includeフォルダを設定します

ライブラリディレクトリの追加

リンカーの全般の追加のライブラリディレクトリ
C:\opencv\build\x64\vc14\lib
libフォルダを設定します

VSのVCのバージョン

今回は、VS2015を使用しているので、VCのバージョンは、VC14です。

参考:Visual C++ 2017のバージョン番号がややこしすぎる件https://qiita.com/Chironian/items/1432eb8b59eb2eefcd2d

依存ファイルの追加

リンカーの入力の追加の依存ファイル
opencv_world342.lib
リンカーの全般で追加したライブラリディレクトリにあるlibファイルを設定します。
d.libは、デバッグ用になっています。

テスト

テストとして、画像表示のプログラムを実行します。

OpenCVには、データセットが用意されています。
このデータセットにある画像を表示するプログラムを実行します。

データセットの場所は以下のフォルダです
opencv\\sources\\samples\\data

//OpenCVのインクルード
#include<opencv2\opencv.hpp>

int main(void)
{
	cv::Mat img = cv::imread("C:\\opencv\\sources\\samples\\data\\messi5.jpg");

//imread("ファイル名");

	cv::imshow("View", img);
	cv::waitKey();

	return 0;
}

参考

参考1:Visual StudioとOpenCVを使う
https://reiji1020.gitbooks.io/play-opencv/content/usevs.html

参考2:OpenCV 3.4.2をVisual Studio 2017から使用する時の手順

https://qiita.com/h-adachi/items/aad3401b8900438b2acd

おすすめ