物体検出とCNNのメモ

ディープラーニング




物体検出とは

物体検出は、画像の中の物体の位置を推定して、物体のクラスを分類する。

物体を取り囲むボックスをバウンディングボックスという。

画像分類は画像1枚に対して、1つの物体のクラスを分類する。

これに対して、物体検出は、物体の位置の推定とクラス分類の両方を実行する。

1枚の画像中に複数の物体が存在する場合、物体ごとに位置推定とクラス推定を実行する。

R-CNN

物体の領域候補を探す
CNNで特徴を取り出す
取り出した特徴を使ってSVMでクラス分類し、回帰でバウンディングボックスを作成

Fast R-CNN

Faster R-CNN

YOLO

SSD

タイトルとURLをコピーしました