Kerasの予測用の入力画像データを前処理する


KerasのImageDataGenerator

KerasのImageDataGeneratorで前処理する条件

カラー画像を扱います。

リサイズは、(256, 256)

画像のshapeは、(-1, 256, 256, 3)
カラー画像=3、サイズ=(256,256)である。

予測用の入力画像を前処理手順

予測用の入力画像を前処理を順を追って説明したいと思います。

インポートするもの

import matplotlib.pyplot as plt
import numpy as np
from PIL import Image

画像を用意する

url = '画像'

img = Image.open(url)

画像の前処理

用意した画像をRGBに変換
リサイズで、(256, 256)に変換

正規化をする

img = img.convert("RGB")
img = img.resize((256, 256))

x = np.asarray(img)
x = x.reshape(-1, 256, 256, 3)
x = x / 255

前処理のまとめプログラムソース

import matplotlib.pyplot as plt
import numpy as np
from PIL import Image

url = 'train/Jeanne/IMG_0409.JPG'

img = Image.open(url)
img = img.convert("RGB")
img = img.resize((256, 256))
plt.imshow(img)
plt.show()

x = np.asarray(img)
x = x.reshape(-1, 256, 256, 3)
x = x / 255

参考書