[C++]名前空間のメモ-namespace-

C++




名前空間とは

C++の名前空間についてのメモを残します。
関数名や変数名に名前をつけて分割する事で、名前が重複しないようにする事ができる。

この、名前の重複を防ぐ機能を名前空間(namespace)という。

名前空間(namespace)を使うと、関数や変数の有効範囲を限定する事ができます。

使用

複数のライブラリやソースファイルを使用するとき、名前の重複を防ぐ名前空間(namespace)を利用する。

名前空間std

C++の入出力でよく使うstdは、名前空間名です。

入力のcinと出力のcoutは、名前空間stdにあるので、std::関数名と記述する。

//出力
std::cout << "出力します"" << std::endl;
int num;
std::cin >> num;

std::cout << num << std::endl;

上のプログラムでは、std::と記述する必要があります。

毎度std::と書くのは面倒なので、using namespace を利用します。

using namespace std;

これを使用する事で、std::を省略した形で関数を使う事ができるようになります。

//出力
cout << "出力します"" << endl;
//入力
int num;
cin >> num;

cout << num << endl;

参考書

[amazonjs asin=”4839926050″ locale=”JP” title=”ロベールのC++入門講座”]

[amazonjs asin=”4798151904″ locale=”JP” title=”C++の絵本 第2版 C++が好きになる新しい9つの扉”]

タイトルとURLをコピーしました