numpy.poly1dのメモ

numpy.poly1dのメモ

SiPy.org numpy.poly1dを参考にしています。

numpy.poly1dは、多項式回帰のためのメソッドです。
np.polyfit(x,y,n)で利用します。

使い方

numpy.poly1d(c_or_r, r=False, variable=None)

c_or_rは、配列

引数 c_or_rは、配列のこと
例えば、[1, 2, 3]
numpy.poly1d([1, 2, 3])は

$$1 \times x^2 + 2 \times x + 3$$
を表す。

poly1d_1

rはTrue or False

r:ブール値
デフォルトでFalse
r = Trueの場合は numpy.poly1d([1, 2, 3], True)にすると、
$$(x-1)(x-2)(x-3) = 1 \times x^3 + -6 \times x^2 + 11 \times x -6$$
を表す

poly1d_2

variableは、変数の設定

variableで、変数の設定をします。
デフォルトでxです。
variable = tの場合
numpy.poly1d([1, 2, 3], variable = ‘t’)にすると、
$$1 \times t^2 + 2 \times t + 3 $$
を表す

poly1d_2

代入することができる

pl = np.poly1d([1, 2, 3])
print(pl(1))

で多項式に1を代入した値が求められます。

ploy1d_sub

属性

属性がなんのかはしりませんが…

係数を返す

.c と.coefとcoefficientsとcoeffs ーー> 係数を返す(numpyのarray)

poly1d_c

係数の数を返す

.oと.order ーー> 変数項の数を返す

poly1d_o

解を返す

.rと.roots ーー> 多項式f = 0 のときの解を返す

poly1d_r

変数の文字を返す

variable ーー> 多項式の変数の文字
poly1d_v