SPM12でNIfTI変換

SPM12でDICOMをNIfTIに変換する

SPM12を起動します。

右下の[DICOM Import]をクリックし、変換したいDICOMを選択します。

変換するファイルは、NIfTIなので、下のSingle Fileを選択してください。

デフォルトでSingle Fileが選択されているので、特にきにする必要はないかもしれません。

選択が終わったら、左上の緑色の三角のボタンを押して実行します。

DICOM ImportでNIfTIに変換されたファイルを下に示します。

何が何のデータなのか、よく分かりませんね。。。

元のファイルなどで、どのファイルが何の実験(撮像の種類)なのかを確認する必要があります。

出力されたファイルは、1つのNIfTIファイルです。

3DのNIfTIファイルではありません。

4DのNIfTIファイルです。(つまり、時間(ボリューム)のデータも入っています)

SPM12では、(私だけでしょうか?)4DNIfTIで前処理ができないので、3DNIfTIにする必要があります。

下のBatchを開きましょう。

上のメニューバーにあるSPMを選択します。
次にUtilを選択します。
次にに4D to 3D File Conversionを選択します。

まとめると
Batch –> SPM –> Util –> 4D to 3D File Conversion
の順に選択します。

最後に、さっきDICOMから変換した4DのNIfTIファイルを選択します。

以上で終了です。