SPM12|WFU_PickAtlasでROI解析

fMRI




SPM12|WFU_PickAtlasでROI解析

SPM12でWFU_PickAtlasというツールを使って、ROI解析をします。

対象の部位だけにマスクをかけて、その部分だけの解析結果を表示させます。

WFU_PickAtlasをダウンロード

NITRC: WFU_PickAtlas: Tool/Resource Info

ダウンロードしたWFU_PickAtlasは、対象のSPMフォルダのtoolbox内に移動させます。

ROI解析

Resultを開きます。

結果を表示させたいファイルを選択します。

ROI Analysisという項目が出てくるので、yesを選択します。

下の画面が出てこなかったら、SPM閉じずに、Matlabのパス設定で、WFU_PickAtlasを追加し、そのパスを一番上にすれば、ROI Analysisが出てくると思います。(私は、これで出るようになりました…)

ROI analysis fromは、Pickatlas GUIを選択します。

下のようなウィンドウが開きます。

左側のHUMAN ATLASで、見たいATLASを選択し、ダブルクリックで追加します。または、ADD->をクリック

追加できたら、右側のWORKING REGIONにATLASが追加されます。

見たいATLASを指定できたら、下のDONEをクリックします。

その後は、Resultsと同様に選択していきます。

Results(結果表示)

今回は、海馬(Hippocampus)を選択したので、その部位だけの解析結果が表示されていることが確認できます。

SPM12 MenuのToolboxのプルダウンからをwfu_pickatlasを実行することもできます。

タイトルとURLをコピーしました