WSLの導入方法をメモする。

WSLの導入方法をメモする

普段Windows環境を使っていて、Linux環境が必要になったので、WindowsでLinuxが使えるか調べたところ”WSL”というものを発見したので、そのWSLの導入方法をメモします。

Windows Subsystem for Linuxを有効にする

コントロールパネル=>プログラム=>プログラムと機能

[Windows Subsystem for Linux]にチェックを入れます。

Microsoftのストアからubuntuをインストール

Ubuntuを起動させる

Ubuntuを起動させると、ユーザ名とパスワードを登録します。

Ubuntuのバージョンを確認する

sb_release -a

ubuntuのaptのアップデート

aptのアップデートをします。
アップデートしないと、Unable で、エラー出た。
E: Unable to locate package

sudo apt update

apt list --upgradable

WSLのディレクトリについて

ディレクトリについてメモする

ホームディレクトリは、Windowsから編集したりすると壊れるらしいので注意が必要です。

ホームディレクトリ

ホームディレクトリは、/home/user_nameになっている。
user_nameは、最初に登録したユーザ名が入る。

pwd
/home/user_name

Cドライブ上では、

C:\Users\user_name\AppData\Local\Packages\CanonicalGroupLimited.UbuntuonWindows_79rhkp1fndgsc\LocalState\rootfs

Windows側のディレクトリ

Cドライブにアクセスするには、/mnt/cになる。
aドライブは、/mnt/aのようになる。

cd /mnt/c/