統計検定

統計学

多重比較補正-多重比較の問題への対処-

多重比較の問題 検定回数を増やすと、検定全体としての第1種の誤り(Type I error)が起こる確率が高くなる問題。 FWER(FamilyWise Error Rate)は、検定全体で少なくとも1回はType Ⅰ erro...
統計学

HAC標準誤差によるt検定

HAC標準誤差によるt検定 回帰分析における最小2乗法の推定量は、誤差項が次の過程を満たす時に最小分散線形不偏量推定(BLUE)になる。 \(E = 0\) \(V = \sigma^2\) \(Cov = 0\) H...
統計学

Breusch-Pagan(BP)検定[不均一分散の検定]

Heteroskedasticityの検定-Breusch-Pagan(BP)検定 Heteroskedasticity(不均一分散性)は、線形回帰分析の誤差項において、度々問題が生じる。 この不均一分散性を評価するときに、不均一分...
統計学

パラメトリック検定とノンパラメトリック検定

パラメトリック検定とノンパラメトリック検定 パラメトリック検定とノンパラメトリック検定の違いは、母集団が正規分布に従っていると仮定できる(する)か否かです。 パラメトリック検定は、母集団が正規分布 ノンパラメトリック検定は、母集団...
統計学

ジャック・ベラ検定[正規性の検定]

ジャック・ベラ検定 標本データが正規分布に従う尖度と歪度を有しているかを調べる適合度検定である。 python 参考 ジャック–ベラ検定
統計学

コルモゴロフ-スミルノフ検定(KS検定)[正規性の検定]

コルモゴロフ-スミルノフ検定 2つの標本が同じ確率分布からサンプリングしたものかを調べるための検定である。 ここでは、正規分布に関する検定を試す Python 有意水準を0.05とすると 標準正規分布からの...
統計学

シャピロ-ウィルク検定[正規性の検定]

シャピロ-ウィルク検定 シャピロ-ウィルク検定は、標本が正規母集団からサンプリングされたものであるかを検定する。 帰無仮説\(H_0:\)正規母集団からのサンプリングである 有意水準が\(\alpha=0.05\)と設定すると...
統計学

正規Q-Qプロット[正規性]

正規Q-Qプロット 正規Q-Qプロットは、データが正規分布から得られたかどうかを視覚的に捉えることができる。 データが正規分布に従う場合の期待値をy軸にとる。 データそのものをx軸にとる プロットがほぼ一直線上に整列している...
統計学

t分布における有意確率pの確率変数をPythonで求める

t分布における有意確率pの確率変数をPythonで求める t検定で、有意な範囲を求めるときに、有意確率pの確率変数を求める必要があります。 t分布 有意確率pの確率変数 ppf(p)を使うと求められる。 p...
統計学

P値(有意確率)

統計学

標本分布と誤差分散

統計学

仮説検定をPythonで解く

統計学

仮説検定

統計学

区間推定をPythonで解く

統計学

区間推定

タイトルとURLをコピーしました