2019-09

統計学

不均一分散一致標準誤差(HC Standard Error)によるt検定

回帰分析のロバストなt検定 線形回帰分析では、誤差項が均一分散であることが仮定されている。 誤差項が不均一分散であるとき、標準誤差に誤りが生じる。 誤差項が不均一分散の線形回帰分析では、誤った標準誤差から、回帰係数のt値を求めるこ...
統計学

Breusch-Pagan(BP)検定[不均一分散の検定]

Heteroskedasticityの検定-Breusch-Pagan(BP)検定 Heteroskedasticity(不均一分散性)は、線形回帰分析の誤差項において、度々問題が生じる。 この不均一分散性を評価するときに、不均一分...
統計学

パラメトリック検定とノンパラメトリック検定

パラメトリック検定とノンパラメトリック検定 パラメトリック検定とノンパラメトリック検定の違いは、母集団が正規分布に従っていると仮定できる(する)か否かです。 パラメトリック検定は、母集団が正規分布 ノンパラメトリック検定は、母集団...
データサイエンス

PythonでConvex-Hull(凸包)を用いたバウンディングボックスを求める

Convex-Hull(凸包)を用いたBoundingBoxの求め方 Convex-Hull(凸包アルゴリズム)は、各プロットが内在するような最小の図形である。 ここでは、2次元の散布図でConvex-Hullを求めて、次にBoun...
統計学

ジャック・ベラ検定[正規性の検定]

ジャック・ベラ検定 標本データが正規分布に従う尖度と歪度を有しているかを調べる適合度検定である。 python 参考 ジャック–ベラ検定
統計学

コルモゴロフ-スミルノフ検定(KS検定)[正規性の検定]

コルモゴロフ-スミルノフ検定 2つの標本が同じ確率分布からサンプリングしたものかを調べるための検定である。 ここでは、正規分布に関する検定を試す Python 有意水準を0.05とすると 標準正規分布からの...
統計学

シャピロ-ウィルク検定[正規性の検定]

シャピロ-ウィルク検定 シャピロ-ウィルク検定は、標本が正規母集団からサンプリングされたものであるかを検定する。 帰無仮説\(H_0:\)正規母集団からのサンプリングである 有意水準が\(\alpha=0.05\)と設定すると...
統計学

正規Q-Qプロット[正規性]

正規Q-Qプロット 正規Q-Qプロットは、データが正規分布から得られたかどうかを視覚的に捉えることができる。 データが正規分布に従う場合の期待値をy軸にとる。 データそのものをx軸にとる プロットがほぼ一直線上に整列している...
タイトルとURLをコピーしました