Pythonで動画を撮る&保存する方法

Webカメラで撮った動画を保存する方法を紹介します。

Pythonの画像処理ライブラリOpenCVを使います。

インストール方法は、下記を参考にしてください。

macOS環境で実行しています。

実行環境

macOSで実行しています。

macOS High Sierra Version 10.13.6
python3.6

当たり前ですが、Webカメラが必要になります。

Pythonで動画を撮るには

Pythonで動画を撮るには、OpenCVというライブラリを使用します。

OpenCVは、Pythonの画像処理ライブラリです。

動画を撮るには、当たり前ですが、Webカメラが必要です。

ノートパソコンは、多くの機種でWebカメラが搭載されていると思います。

デスクトップなどは外部カメラが必要になるかと思います。

プログラム

保存するときに使うものには、#保存とコメントを打っています。

import cv2
import numpy as np

cap = cv2.VideoCapture(0)

#保存
fmt = cv2.VideoWriter_fourcc('m', 'p', '4', 'v')
fps = 20.0
size = (640, 360)
writer = cv2.VideoWriter('outtest.m4v', fmt, fps, size)

while True:
    _, frame = cap.read()
    frame = cv2.resize(frame, size)
    
    #保存
    writer.write(frame)
    
    cv2.imshow('frame', frame)
    #Enterキーで終了
    if cv2.waitKey(1) == 13:
        break

#保存
writer.release()
cap.release()
cv2.destroyAllWindows()

応用

Webカメラの映像に映った顔にモザイクをかけることをしました。

これの応用として、保存機能を付け加えることができるようになります。

参考書