SPM12の使い方メモ

SPM12の使い方

SPM12の解析手順の記録しようと思います。(私が忘れてしまうので…)

fMRIの実験において、実験デザインは大きく分けて2つあります。

1つは、ブロックデザインです。
2つ目は、事象関連デザインです。

私のとこでは、ブロックデザインで実験をしているので、ブロックデザインでの手順の記録になります。

注意:各手順はリンク集になっています。

実行環境

macOS Mojave + MATLAB R2017b

Windows10 + MATLAB R2016a

ここで掲載する画像はmasOでのスクショです。

ブロックデザインの解析手順

  1. DICOMからNIfTIへ変換
  2. Realign(動き補正)
  3. Normalise(標準化)
  4. Smooth(平滑化)
  5. Specify 1st-level(モデル決定)
  6. Estimate(推定)
  7. Results(結果の表示)

DICOMからNIfTIへ変換

DICOMファイルからNIfTIファイルに変換する。

Realign(動き補正)

Normalise(標準化)

Smooth(平滑化)

Specify 1st-level(モデル決定)

Estimate(推定)

Results(結果の表示)

おすすめ